売れてる商品まとめサイト > ‘鋳物鍋’ タグのついている投稿

無水鍋 24cm ブックマーク数



無水鍋 24cm


無水鍋 24cm の商品レビューまとめ

素材の旨味と栄養を最大限に活かしながら、短時間での無水調理が可能な厚手鋳物鍋です。
無水鍋の原点は、かまどで使われていた「羽釜」にあり、その形をヒントにデザインされ、蓋も重いので蒸気を逃さず、おいしいご飯を炊くことも出来ます。
日本で最初のアルミ合金鋳物厚手鍋として誕生した鍋で、煮る、炊く、蒸す、ゆでる、焼く、炒める、揚げる、天火と、あらゆる料理ができ、取り扱いが簡単で耐久性が抜群なので、親子三世代で愛用されているご家庭もあります。

重さは1780gで、サイズは:本体/内径240*深さ94mm、フタ/内径240*深さ41.5mmです。同じ無水鍋で 内径が20cmのもの もあります。

Amazonでの総合評価は4.7で26件のレビュー中18件が5つ星をつけています。
楽天での総合評価は4.58で64件のレビュー中38件が5つ星をつけています。

高評価のレビューでは

「鍋が変わっただけなのに料理が美味しくなった」「軽くて使い勝手が良い」
「色々な調理方法で利用でき、金属のお玉なども利用できる」

といったものが多くありました。

無水茹でが出来るので、野菜の味が濃く甘みが増して、料理の味も美味しくなったという方が多くおられました。
ご飯も炊飯器よりも短時間で美味しく炊けるというレビューがありました。

同サイズのル・クルーゼなどに比べるとかなり軽く、また、圧力鍋では洗うときに細かい部品があり手間がかかりますが、その点パーツも少ないので片付けも簡単です。
煮たり蒸したりだけでなく揚げ物や、蓋を利用してフライパンのように焼いたり炒めたりもできるので、毎日の調理に使用しているという方も多かったです。
蒸し調理の際、スチームプレートが使用できますが、他社のものを利用するときにはプレートと鍋のふちとに隙間が出来るように、一回り小さいものを使用して下さい。
24cmのものを購入したが利用できず、 Fisslerのスチームプレート20cm を追加購入したという方もおられました。
今は、 無水鍋用の蒸し板 も販売されているようですが、Amazonでは取り扱いがありませんでした。

金属のお玉やフライ返しも利用でき、焦げ付いてもナイロンたわしなどで遠慮なくこすり落とせるのが良いというレビューもありました。
耐久性も優れているので、中には40年以上毎日使用しているという方もおられました。

低評価のレビューでは

「中身の見える蓋だと良かった」「鍋つかみが必須」「大きすぎた」
「料理をそのまま保存しておけない」

といったものがありました。

蓋はフライパンとしても使える仕様なので、中を見ることは出来ません。
中身の状況を確認するために中身の見える蓋が別にセットされていると便利なのになというレビューがありました。
蓋は加熱時には熱くなっているので、鍋つかみが必要です。やけどをしてしまったという方も何人かおられました。

大きさは24cmとありますが、それはなべ底の大きさで、取っ手の部分の大きさを含めると外寸が32cm近くなり、自宅のコンロには大きすぎたという方もおられました。
20cmのもの もありますので、利用場所の広さを考えて選ばれると良いと思います。
また、この商品はIHには対応していません。 IH用の無水鍋 もありますので、IHの方はこちらを購入してください。

作った料理をそのまま鍋の中で長期保存することは出来ません。2~3日以上そのままにすると腐食の原因となると 「よくあるご質問」 に書かれています。
手入れの方法なども書かれているので、購入前に参考にされても良いのではないでしょうか。

過去にアルミ鍋を使用するとアルツハイマーになるという説があったようですが、この説は現在では否定されています。
実際にアルツハイマーの方の脳にアルミニウムが蓄積されていたというデータはあるようですが、鍋の使用に関しては基本的には無関係のようです。
これは、アルミ鍋を使用したときに溶け出すアルミニウムの量はごく僅かで、通常の水道水や海藻類に含まれるアルミニウムのほうが圧倒的に多いからです。
下記のサイトに詳しい説明がありましたので、紹介しておきます。

大震災の風評を観察して思い出す、アルツハイマーのアルミニウム原因説 
by じゃがめブログ

一つで多くの調理法に利用でき、シンプルで耐久性にも優れているこのお鍋は一生ものとして利用できますよ。

詳細は下記サイトでご確認下さい。

Amazonレビュー | 楽天レビュー | 公式HP

 


無水鍋(R)でエコごはん 「白ご飯」動画


有元葉子の無水鍋料理

有元葉子の無水鍋料理